お問い合わせ
演奏のご依頼
活動予定・報告
和楽器集団 鳳雛
ごあいさつ

和楽器集団 鳳雛 HOUSU

和楽器集団  鳳雛 共演奏者のご紹介

和楽器集団「鳳雛」で、活躍する共演奏者をご紹介します。
各人が担当楽器のプロ演奏者として活躍しながらも、「伝統楽器を通して多くの人に
その音楽の魅力を感じて頂きたい」という志をもって「鳳雛」に集まり、共に演奏活動を行っています。
ご依頼の内容に応じて、共演奏者と共に多種多様な編成で演奏をお届けしています。
尺八
篠笛
津軽三味線
長唄三味線
琵琶
箏
囃子方・打楽器
箏
箏、三絃、十七絃、二十絃 平田紀子
大阪府出身。

1994年 宮城会全国箏曲コンクール児童部1位入賞。
1997年 JML日独青少年文化交流・ドイツ公演、日本公演に参加。
2004年 東京芸術大学音楽学部邦楽科生田流箏曲専攻卒業。
在学中、宮城賞受賞。卒業に際し、アカンサス賞・同声会賞を受賞し、同声会新人演奏会に出演。
卒業後、同大学大学院修士課程に2年間在学した後中退。
生田流箏曲「宮城会」教師免状取得。
2007年 第4回東京邦楽コンクールで洗足学園賞(2位相当)受賞。
2008年 宮城道雄記念コンクールで1位受賞。
第15回賢順記念全国箏曲祭コンクールで銀賞及び福岡県知事賞受賞。
近日の活動では、CD『端唄 根岸悦子㈸』『深海さとみ 二曲一双』に参加。
NHK FM『邦楽のひととき』に出演。
ストリートパフォーマンスや美術作品とのコラボレーションを行う。
2006年 邦楽グループ「折り鶴」や、箏と声楽のユニット「彩羽 いろは」を立ち上げ、自主コンサートを行う。
「折り鶴」では旗揚げ公演として2006年北とぴあ国際音楽祭参加公演で好評を博し、その後も毎年自主公演を開催。
「彩羽 いろは」では、大阪公演・東京公演を定期的に行い、反響も大きい。
「和楽団 煌」の立ち上げに参加し、アンサンブル勉強会・自主公演を行う他、各種イベント、コンサート、学校公演を積極的に行う。
2007年 6月・11月には、ドイツ・スロベニア・スイス・イタリア各地での日本文化会館等の公演に参加し、好評を得る。
尺八演奏家・田嶋直士氏の呼びかけにより、2007年より開始した若手演奏家による「古典を研鑽する会」に参加、現在第6回目を数える。
2008年 日本三曲協会主催「三曲奨励会」に独奏で出演。
古典、現代邦楽にとどまらず、現代音楽の演奏や新作初演にも力を入れている他、出演多数。
深海さとみに師事。
「宮城会」「深海邦楽会」「日本三曲協会」「同声会」「森の会」「折り鶴」「彩羽 いろは」「和楽団 煌(こう)」「鳳雛(ほうすう)」「あいおいの会(和楽器オーケストラあいおい)」に所属。
現在、東京・大阪を中心に各地で演奏、教授活動を行う。
箏・三絃・十七絃・二十五絃箏奏者 日原暢子
2006年 東京藝術大学邦楽科生田流箏曲専攻首席卒業。
2008年 桐朋芸術短期大学日本音楽専修専攻科修了。翌年、同短大研究生修了。
2009年~2012年3月 東京藝術大学邦楽科教育研究助手を務める。
2012年度文化庁新進芸術家育成事業研修生。
2015年 東京藝術大学音楽研究科修士課程修了。
現在、芙蓉会、同声会、森の会、日本三曲協会会員。
アンサンブル室町、4plus、各同人。岐阜大学教育学部非常勤講師。
古典演奏の際には、日原藤花維柯として活動。
これまでに三浦維甫、岩田柔柯、野坂操壽、深海さとみ、大久保智子各氏に師事。
大垣市制90周年記念事業「ニューイヤーコンサート」にてウィーン・フィルメンバーのヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(Vn)ジュン・ケラー(Vn)の両氏と共演。
宮内庁主催皇居桃華楽堂での御前演奏会 東京藝術大学同声会新人演奏会
アジア音楽祭2010(於:東京芸術劇場大ホール)
六本木ヒルズMADO LOUNGE SPICE live eventソロ出演、
国の重要文化財「明日館」で聴くフルートと箏と三味線のコンサート、
サントリーホールブルーローズやってみなはれプロジェクト
芸大プロジェクト2011元禄(於:東京芸術大学奏楽堂)等に出演。
第1回日原暢子箏・二十五絃箏リサイタル〜いにしへから未来へ続く音を求めて〜開催。
岐阜県サラマンカホール主催「日原暢子箏ソロコンサート二十五絃箏の世界」に出演。
第2回日原暢子箏・二十五絃箏リサイタル〜今に生きる音を紡ぐ〜を開催。
北京中央音楽院民族音楽祭開幕式にて二十五絃箏独奏。
平成28年度文化庁芸術祭参加公演として紀尾井小ホールにてリサイタルを開催。
スーパー歌舞伎「空ヲ刻ム者」、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」劇中音楽やNHK教育テレビにほんごであそぼ「一つのメルヘン」等の録音に参加。
伊福部昭二十五絃箏作品集CDに4plusとして参加。

【受賞歴】
2006年 東京藝術大学内にてアカンサス音楽賞と同声会賞を受賞。
2009年 第16回賢順記念全国箏曲コンクール「二十五絃箏独奏」にて奨励賞。
2011年 第18回賢順記念全国箏曲コンクールにて銀賞及び福岡県知事賞受賞。
愛知芸術文化協会ANET新人賞受賞。
2013年 岐阜市芸術文化奨励賞受賞。

箏 田中奈央一
1974年生まれ
6歳より河内百合能師に山田流箏曲の手ほどきを受ける。
1996年東京藝術大学音楽学部 邦楽科卒業。
在学中、増渕任一朗・山勢松韻・鳥居名美野・谷珠美・三古谷裕の各師に師事。
六世中能島弘子師の直門となり、奈央一の芸号を許される。
江戸小唄を家元 勇希波つ帆師に師事。
2002年度文化庁新進芸術家国内研修員修了。
長唄三味線を東音田島佳子師に師事。
2005年3月 NHK邦楽技能者育成会第50期首席卒業。
NHK-FMラジオ「邦楽のひととき」、NHKテレビ「芸能花舞台」等出演の他、邦楽合奏グループ「瑞芽」「うらいと」などを結成し、各地で演奏会を開催。
現在、(社)日本三曲協会・山田流箏曲協会・箏曲新潮会・箏曲組歌会・曠の會・つきなみの会・アンサンブルうらいと・和楽団「煌」・関東地歌連各会員。
NHK文化センター 柏教室講師。

うらいと~麗糸~ホームページ
http://uraito.fc2web.com/
箏 石田真奈美
幼少より祖母石田敏子に箏の手ほどきを受ける。後に筝・三絃を深海さとみ氏に師事。
平成18年東京芸術大学生田流箏曲専攻 卒業
卒業時にアカンサス音楽賞受賞。また、桃華楽堂にて御前演奏をつとめる。
第16回くまもと全国邦楽コンクール優秀賞受賞。
NHKテレビ・ラジオ出演。
宮城会・森の会・深海邦楽会会員、深海合奏団・和楽器オーケストラあいおい・和楽団「煌」・箏七星メンバー。
箏 佐久間景子
東京芸術大学音楽学部邦楽科山田流箏曲専攻卒業。同大学修士課程修了。教育研究助手を務める。
NHK邦楽技能者育成会(三絃専攻)修了。
第11回賢順記念全国箏曲コンクールにて奨励賞受賞。
2004.2008年に地元埼玉県久喜市にてリサイタル開催。
埼玉県立大宮高等学校箏曲部講師を15年間務める。
細川たかし 長山洋子歌謡コンサートに箏で参加。
さいたまネクストシアター蜷川幸雄演出『オイディプス王』にて三絃指導。
日本三曲協会、山田流箏曲協会、箏曲新潮会各会員。和楽器オーケストラあいおいに所属。
箏・三味線 池田和花奈
茨城県出身。
4歳より箏、13歳より三絃を池田孝子氏に師事。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部邦楽科を卒業。
同大学大学院修士課程を修了。
2006年 宮城道雄記念コンクール児童部 1位受賞。
第1回日仏青年音楽隊フランス演奏旅行に参加。
2008年 第2回日仏青年音楽隊フランス演奏旅行に参加。
2011年 日独青少年交流コンサートに出演後、2週間のドイツ演奏旅行に選出される。
2012年 中日青少年交流演奏会に参加。
2014年 船橋市成人式「二十歳のアピール」にて選抜され箏を演奏。
2017年 ロシアへの邦楽科におけるグローバルキャリア展開プロジェクトに選出され、ロシア・サンクトペテルブルグ演奏ツアーに参加。
筑波大学生田流箏曲部指導補佐。宮城会教師資格。
宮城会、同声会、森の会会員。
箏・三味線 松井咲
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て修士課程を修了。
2006年、2010年日独青少年交流コンサートに出演後、
2011年2週間のドイツへの演奏旅行に選出される。
2009年日中青少年合流演奏会出演。
2016年邦楽科におけるグローバルキャリア展開プロジェクトに参加後、
2017年にはロシア・サンクトペテルブルクにて開催された「International Conservatory Week 2017」で演奏。
利根英法記念邦楽コンクール第4回「アンサンブル」一般の部において奨励賞受賞。
2018年中国での演奏会に出演。
3歳から箏を始め13歳から三味線を始める。
12歳より菊地悌子氏に師事。
宮城会、森の会、同声会各会員。
現在箏、三味線、十七絃で演奏活動中。
宮城会教師資格取得。
箏、十七絃、篠笛、津軽三味線の5人編成で「SAKURA J SOUNDS」を結成し、1stアルバム『CHERRY BLOSSOM』を発売。
箏 衣袋聖志
東京都出身。
高校在学中、文化庁の派遣で中国の学生との文化交流の為に30名のチームで訪中する。
ストリートライブや結婚式、イベントへの参加や、学校公演、介護施設での演奏、自主企画の演奏会・ライブを開くなど積極的に演奏活動を重ね、ラジオNHK愛媛や、FM西東京にもゲスト出演。
2004年 現代邦楽研究所主催のコンクールにて本選出場。
2005年 韓国にて開かれたYoPeFe2005にグループ金風として参加。
2006年 ベトナムで行われたJapan Festival 2006に珠音として参加。
goez'on結成。
愛媛県を中心に演奏活動を展開中。愛媛の小学校を多数巡り、好評を得る。
武士(むさ)という太鼓、三味線、箏のグループを結成し、ライブ活動を展開。
2007年 武士にてイラン、カタール、バーレーン、オマーン、クウェートの5カ国をツアーで回る。
現在、和音(箏3名ユニット)、goez'on(尺八・箏・三味線)、風蕾(フルート、箏2名)、和楽団「煌」(和楽器合奏団)、さらにはピアノ、ベース等とジャズやブルースを演奏したりと多岐に渡り活動を展開中。
バイオリンやチェロなど洋楽器とも活動を共にし、様々なジャンルの音楽で演奏活動を展開。
20絃箏を中心に現代曲の演奏や、他の楽器等とのコラボレーションによる企画で音楽を通して何を伝えられるか、を課題として可能性の拡大を図る。
箏 柿木原こう
5歳より生田流箏曲を中田久美子氏に師事。
第10回全国高校生邦楽コンクール奨励賞。
2006年 東京藝術大学卒業。
同年「箏七星」を結成。
また同年「ZORO」を結成。
同年12月6日 ソロで初となる箏の弾き歌いでCDデビュー。
和楽器集団 鳳雛について
ページの先頭へ