鳳雛とは

鳳雛は、2005年春に太鼓奏者兒玉文朋が発足した、若手の和楽器奏者によって構成される集団です。

「鳳雛」という名前には、鳳凰の雛、転じて大器になる(決意を持った)若者という意味が込められています。

鳳雛では、和楽器の生演奏をお客様にお届けする「和楽器集団鳳雛」と太鼓奏者兒玉文朋が和太鼓を直接指導する「鳳雛和太鼓教室」の2つの事業展開を行っています。

和楽器集団 鳳雛

和楽器集団「鳳雛」では、学校公演や各種イベント、ライブやコンサートなどへの出張演奏の他に、和楽器の出張指導での演奏家派遣のご依頼を承っております。

尺八、篠笛、三味線、琵琶、箏、打物(鼓や太鼓の和打楽器)など、実績、品性を兼ね備えた、現場経験豊富な各楽器のプロ演奏家を多数揃えております。

にぎやかな雰囲気にしたい、しっとりと聴きたいなど、あらゆるシーンに対応することが可能で、たくさんの和楽器の音色を一度のステージでお楽しみいただけるのが特徴です。

上記の和楽器をすべて揃えた大編成から、ソロ、デュオ、トリオなどの小編成までお客様からのご要望にお応えするのに最適なメンバーで毎回新しい和楽器集団を編成しています。

詳細はこちら

鳳雛 和太鼓教室

鳳雛和太鼓教室は、幼児から大人まで、今まで和太鼓に全く触れたことのない初心者の方も大歓迎です。

「和太鼓」と聞くと格式が高く近寄りがたいイメージをお持ちになるかもしれませんが、鳳雛和太鼓教室では、まずは楽しく和太鼓に触れていただきたいと考えています。

鳳雛和太鼓教室の太鼓は、一級のけやきを使用した太鼓を中心に本物の音、響きに触れて戴き、礼儀や言葉遣い、団体での協調性を感じつつ、日本の素晴しい文化を体感して頂きたいと思っています。

バチの持ち方、構え方、打ち方など、初めての方でも懇切丁寧に指導させて頂きますので、御安心下さい。

詳細はこちら